新入荷商品一覧
メルマガ・LINE配信案内
ギフトラッピング

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

LINE登録について
■ Twitter<@info_samantha>でも新着情報を配信! サマンサTwitterアカウント

メールマガジン

新入荷情報を随時お届けします!
メールアドレスを入力してください。


売れ筋商品

Feed

【ディプレッションガラス メーカー別主なパターン】


※ジェダイなどファイヤーキングも実はディプレッションガラス(グラス)の一種なのですが、ここではファイヤーキング以外のものをディプレッションガラスとします。主なパターン、取り扱いのあるパターン等その都度、徐々に追加していきたいと思います。

《ディプレッションガラスとは》

1929年〜1935年に製造されたプレスガラスで、透明、色つき半透明のガラスです。アメリカ不況時代に作られたガラス製品で、世界恐慌の暗い時代に世の中を少しでも明るくするために色つきのガラスが作られたようです。そのせいか、柔らかな色合いと優しく愛らしいパターンが印象的で、名前も「プリンセス」など、明るさや憧れを表すようなものが多いようです。当時の技術のプレスガラスですので、鋳型の線が残っていたり、気泡やその他混入物を内包していたりで、とても精巧なつくりではないのですが、図柄の繊細さや色合いは、レトロな雰囲気が漂っています。

《アンカーホッキンググラス・ホッキンググラス》

【オールドコロニー(レースエッジ) 1935-1938】
「レースエッジ」「オープンレース」とも呼ばれる。ピンクが一般的だが、クリスタルやグリーンもある。
【カメオ 1930-1934】
「バレリーナ」「ダンシングガール」とも呼ばれる。グリーンが一般的で、トパーズイエロー、ピンクもある。プラチナリムのクリスタル(クリア)もあるが希少。
【クイーン メリー 1936-1939】
ピンクとクリスタルがある。
【コロニアル ナイフ&フォーク 1934-1938】
ピンク、グリーン、クリスタル等がある。
【サークル 1929-1930年代】
グリーンが一般的で、他にピンクもある。最も不況が酷い時期に製造しやすいようなシンプルなデザインで、ほとんどグリーンで製造された。別パターン「リング」との違いは、リングは幾つかのラインのグループに分かれたデザインだが、サークルは、分かれていない。
【スパイラル1928-1930】
ほとんどはグリーンだが、クリスタルやピンクもある。
【バブル 1940-1965】
サファイヤブルー、ロイヤルルビー、フォレストグリーンがある。
【プリンセス 1931-1934】
ピンクとグリーン、イエローがある。他にアイスブルーもあるが希少。
【ブロック オプティック 1929-1933】
グリーンとピンクが一般的だが、トパーズやアンバー、クリスタル等もある。
【フォーチューン 1936-1937】
ピンクが一般的だが、クリスタルなどもある。
【ホブネイル 1934-1936】
「ホブネイル」は鋲くぎのようにデコボコのあるデザイン。他にも色々なガラスメーカーが製造している。ホッキングガラスでは、ピンクとクリスタルがある。クリスタルには、レッドやブラックのストライプが施されているものもある。
【マンハッタン 1938-1941】
都会的なデザインで、人気。クリスタルが一般的だが、ピンクやルビーレッドなどもある。
【ミス アメリカ 1933-1936】
ピンク、クリスタル、他グリーン、ルビーレッド、アイスブルー等もある。
【ムーンストーン 1942-1946】
ホブネイルパターンのエッジや突起部分に青みがかった乳白色が施されている。
【メイフェア オープンローズ 1931-1936】
ピンクとアイスブルーが多く、他にグリーン、イエローもある。
【レイク コモ 1935-1937】
ヴィットロックと呼ばれるホワイトのグラス。ヨーロッパの避暑地、イタリアのコモ湖がブルーで描かれている。

《インディアナグラス》

【アボカド 1923-1933】
インディアナグラスの正式名称はNo.601。別名「アボカド」。グリーン、ピンク、クリスタルがある。中には同じ構図で違う果物、リンゴがデザインされているものもあるよう。
【パイナップル&フローラル 1932-1937】
インディアナグラスの正式名称はNo.618。コレクターによって「パイナップル アンド フローラル」と呼ばれている。クリスタルが一般的で、アンバー(琥珀色)もある。
【ホースシュー 1930-1933】
インディアナグラスの正式名称はNo.612であるが、コレクターによって「ホースシュー」と呼ばれている。ホースシューとは「馬蹄」の意味。グリーンが一般的だが、イエロー、ピンク、クリスタルもある。

《ジャネットグラス》

【アイリス 1928-1932】
1920年代、30年代は主にクリスタルが製造され、40〜50年代に再度製造された。玉虫色は、主に50年代のもの。
【アダム 1932-1934】
製造期間が短い。ピンクとグリーンが一般的。デルファイトやイエロー等もあるが希少。
【キューブ(キュービスト) 1929-1933】
ピンクとグリーンが一般的。ウルトラマリン、アンバー、クリスタル等もある。
【チェリーブロッサム 1930-1939】
ピンクとグリーンが一般的。デルファイトブルー(不透明青)とジェダイもあるが希少。
【ドリス 1935-1938】
グリーンとピンクが一般的でデルファイトブルー(不透明青)もある。ウルトラマリンとイエローもあるが希少。
※ドリス様式とは、古代ギリシャ建築で使われた様式の一つ
【ドリス アンド パンジー 1937-1938】
ドリスパターンのいとこのような存在で、製造期間が短い。ベースのドリスパターンにも花のモチーフは使用されているが、さらにパンジー柄がつい追加されている。ウルトラマリンとピンクがある。
※ドリス様式とは、古代ギリシャ建築で使われた様式の一つ
【ホリデー 1947-1949】
ピンクが一般的で、クリスタルなどもあるが希少。ジャネットのウィンザーパターン(1932-1946)のスタイルを引き継いだデザイン。
【ホームスパン 1938-1940】
シンプルでエレガントなパターン。チャイルドセットも製造された。主にピンクで、チャイルドセットなどはクリスタルもあるよう。

《フェデラルグラス》

【シャロン 1935-1939】
コレクターに「キャベッジ(キャベツ) ローズ」とも呼ばれている。アンバーとピンクがよく見られるが、グリーンもある。
【ジョージアン ラブバード 1931-1935】
2羽の鳥と花かごがデザインされているので、ラブバードという。主にグリーンが多く、クリスタルとアンバーもあるが希少。
【ダイアナ 1937-1941】
ピンク、アンバー、クリスタルがある。スワール(渦巻)デザイン。
【パトリシアン 1933-1937】
パトリシアンとは「貴族」という意味。アンバー(琥珀色)が一般的で、他にグリーン、ピンク、クリスタルがある。
【マドリード 1932-1938】
アンバー、グリーン、ピンク、ブルーがある。
【メイフェア フェデラル 1934】
最もポピュラーで愛らしいパターン。アンバー、グリーン、クリスタルがある。メイフェアには、ホッキンググラスのメイフェア オープンローズもある。パターンは全く違う。

《ヘーゼルアトラス》

【オーロラ 1937-1938】
コバルトブルーが一般的。ヘーゼルアトラス社ではこの色をリッツブルーと呼ぶ。
【クローバーリーフ 1930-1936】
クローバーがエッチングされている。グリーンが一般的だが、トパーズやブラック、ピンク、クリスタルなどもある。
【フルーツ 1931-1953】
グリーンとピンクが一般的で、他クリスタル等もある。製造期間が長い。
【フローレンティン No.1 1932-1934】
グリーン、イエロー、ピンク、コバルトなどがある。
【フローレンティン No.2 1932-1935】
別名「ポピー」。グリーン、イエロー、ピンク他がある。
【モダントーン 1934-1950年代初】
30-40年代はコバルトブルー(リッツブルー)とアメジストが一般的だったが、40-50年代はプラトナイト(ホワイトやパステルカラー)が製造されるようになった。
【ロイヤルレース 1934-1941】
最も評価が高いのはコバルトブルー(リッツブルー)で、他にグリーン、ピンク、クリスタルがある。

《マクベスエバンズ》

【アメリカン スイートハート 1930-1936】
モナックス(ホワイト)とピンクが一般的で、レッドやコバルトブルーは希少。
【Sパターン 1930-1932】
「ローズバンド」とも呼ばれる。クリスタルが多くみられるが、他にイエロー、アンバー、レッド等のカラーもある。
【ドッグウッド 1930-1938】
「ドッグウッド」とはハナミズキのこと。ピンクが一般的で、グリーンもある。
【ペタルウェア 1930-1942】
ピンク、イエローやブルーなど半透明ではないカラー、モナックス(ホワイト・エッジに少しブルーが入る)、クレマックス(クリーム)、パステル等のラインが入ったもの、クリスタルがある。

ピックアップ商品